本文へ移動
0
4
8
9
4
2

小規模多機能型居宅介護のブログ

施設の出来事や行事、イベントなどを更新いたします。

RSS(別ウィンドウで開きます) 

ほほ笑みホーム大屋(小多機)利用者さんの利用事例 その2

2021-05-21
 5月に入り、山々の新緑が綺麗な時期になってきました。
 送迎時にも助手席の利用者さんから「山の緑が綺麗だね~」と声を掛けられることもしばしばあり、本当に気持ちがいい季節です。

 さて、今回は『利用者さんの利用事例 その2』ということで紹介させていただきます。
 この利用者さんは介護老人保健施設(老健)にいらっしゃいましたが、ご本人と家族の強い在宅希望があり老健を退所されました。
 家族の急激な介護負担、生活を大きく変えることもある在宅復帰のため、小規模多機能型居宅介護の宿泊サービスを連泊で利用しつつ、徐々に自宅に戻る時間を増やして在宅生活に慣れていく期間を設けました。
 最初のうちは立ち上がりや車いすからベッドへの移乗時など「怖い」と言われ、なかなか立つことが出来ませんでした。
 しかし、スタッフが足の位置や立ち上がりのタイミングなどを声がけし、何度も繰り返すうちに不安が軽減されたようで「あ~、良かった。ありがとう」と嬉しそうな表情をされるようになりました。
 ご自分の力で立てるということは利用者さんご本人も嬉しいことですが、介助者にとっても介護軽減につながるとても大切なことです。できなかったことが少しずつでもできるようになる姿は私達スタッフもとても嬉しく感じます。
 今では、月に2~3回ほど自宅へ戻り1泊~2泊できるようになりました。

次回は『利用者さんの利用事例 その3』を紹介する予定です。おたのしみに
屋根より高いこいのぼり~

ほほ笑みホーム大屋(小多機)施設開所3周年を迎えました

2021-04-22
 今年は気温が暖かく、桜の花も一気に開花し、例年よりも早く満開を迎えました。
「ほほ笑みホーム大屋」はこの4月で施設開所3周年を迎えることができました。これまで多くの方々にご協力、ご支援をいただきこの日を迎えることができました。本当にありがとうございます。
 これからも「ほほ笑みホーム大屋」は精進して参りますのでよろしくお願い申し上げます。


 さて、今回は「小規模多機能:こんな利用の仕方できますよ」ということで『利用者さんの利用事例』を紹介させていただきます。
 この利用者さんは病院より退院後、すぐにご利用を開始されました。ご家族の仕事の都合もあり月曜日~木曜日は夕食を召し上がった後に帰宅されています。また、ご家族の介護軽減の為、週末の金曜日~土曜日にかけては1泊の泊りを利用されています。
 普通のデイサービスでは、夕食を食べてから帰宅したり、同施設で宿泊をするということは難しいです。しかし、小規模多機能型居宅介護施設では介護者のご都合に合わせて自由に利用方法を組み合わせていただくことが可能です。

次回は『利用者さんの利用事例 その2』を紹介する予定です。お楽しみに~  

海野宿へお花見ドライブ

ほほ笑みホーム大屋(小多機)みんな大好き風船バレー

2021-03-23
 3月に入り暖かく、空気が乾燥した日が続いていますね。皆さん体調を崩したりはしていませんか?
ここ最近の暖かさで、施設の庭にはチューリップの芽が顔を出し始めました。また窓からは梅の花が咲いている様子を見ることができ、利用者さんもひなたぼっこを楽しまれています。

 さて、今回は風船バレーの様子を紹介します。
風船バレーは皆さん大好きで、腕をおもいっきり伸ばして打ち返したり、時には足で蹴り上げたりと、体操ではうまく手足が動かせない利用者さんも、風船が目の前にくると反射的に体が動いてしまいます。普段、運動量が少ない利用者さん達には自然に体を動かすことが出来る人気のレクの一つです。
高齢者は私達職員やご家族の方に運動指導を勧められても「高齢だから」「病気だから」と運動に消極的な方が多いです。体を動かさずに運動量が減少すると身体機能もだんだん低下してきてしまいます。
レクリエーションは「ただ遊んでいるだけ」と誤解されがちですが、「身体を動かす」「手先・指先を使う」「脳を使う」「気持ちのリラックス効果」「周囲の方と交流」など楽しく適度な運動を取り入れる最適な手段と言われています。
これからも遊びながら体を動かすことができるレクをたくさん取り入れていこうと思っています。

次回は「小規模多機能:こんな利用の仕方できますよ  」ということで『利用者さんの利用事例 その1 を紹介する予定です。おたのしみに  
1、2、3と数を数えながら……目標100回

ほほ笑みホーム大屋(小多機)マシン運動できます

2021-02-19
立春も過ぎ、暦の上ではもう春です。
最近はポカポカ陽気が続き、暦の上だけではなく実際にも春が少しずつ近づいてきているような感じがします。
 
ほほ笑みホーム大屋ではマシンを使用して機能訓練を行っています。
機能訓練とは高齢者の身体機能や生活機能維持の向上を目的とする訓練です。
機能訓練指導員の指示のもと在宅生活での「困った」をサポートするために、段差につまづかないために、
健康で自立した生活を送るために効率的に運動をする事ができます。
高齢になると歩く機会がどうしても減ってしまいます。それが筋力低下につながり、結果的に活動量がさらに低下してしまうのです。
筋肉量は年齢とともに低下しやすくなりますが、運動をすることにより、高齢になっても筋肉を増やすことができます。

ほほ笑みホーム大屋では、皆さん無理のない範囲でそれぞれ運動を楽しまれています。
これからも元気な毎日を過ごしていただけるように、少しでも運動のお手伝いが出来たらいいなと思っています。

来月は、利用者さん達のレクの様子を紹介する予定です。では、次回もお楽しみに~  

上半身運動
下半身も一緒に

ほほ笑みホーム大屋(小多機)2021年初ブログ

2021-01-18
早いもので、1月もすでに半分が過ぎてしまいましたね。
今回のブログが2021年初ブログとなります。
 さて、1月の行事として繭玉づくりを行いました。各々繭玉を丸める際に「今年も元気で過ごせますように」と願いを込めながら作りました。
 私も早く新型コロナウィルスが終息して皆さんと外出できたらいいなと願っています。

 たびたびブログで紹介させていただいております「小規模多機能型居宅介護施設」ですが『通い』『宿泊』『訪問』と3つのサービスを組み合わせて利用できる施設となっています。
 今年から、その中でも『訪問・退院支援・機能訓練』に力を入れていきたいと思います。
○訪  問 身体介護だけではなく「安否確認」や「服薬確認」など短時間だけの訪問も可能です。
○機能訓練 機能訓練指導員を配置し在宅での生活機能向上を図るため3つの機能訓練を行います。
 ① 日常生活動作のための機能訓練
 ② 認知症予防のための機能訓練
 ③ 誤嚥予防のための機能訓練
○退院支援 在宅生活環境を整え、退院後安定した在宅生活が送れるよう支援します。

 皆さんが住み慣れた地域・住み慣れた家でより良く過ごせるよう手助けをさせていただきます。
 本年も『ほほ笑みホーム大屋』をよろしくお願いいたします。
願いを込めながら……
完成した繭玉
TOPへ戻る